【知恵袋を払拭】ふるさと納税がばかばかしい理由を図解で解説|やるべき理由しか見当たらない

2024年2月19日LIFE

このサイトの記事内では「アフィリエイト広告」などの広告を掲載している場合があります。

消費者庁が問題としている「誇大な宣伝や表現」とならないよう配慮しコンテンツを制作しておりますのでご安心ください。

問題のある表現が見つかりましたらお問い合わせよりご一報いただけますと幸いです。

ふるさと納税って、ばかばかしくない?

いろいろメリットがあるみたいだよ

ふるさと納税は決してばかばかしい制度ではありません。批判されるところもありますが、いくつかの素晴らしい面があることが分かります。

自分の故郷や大切な思い入れのある自治体を、自由に選んで寄付できる点が魅力的です。
自分の意思で応援したい町を決められるのは大きな特徴です。

寄付した金額は、その町の発展につながる重要な財源となっています。新たな公園の整備や、地域の伝統行事を継承するための活動資金として役立てられているのです。

そして返礼品を受け取ることができます。
各自治体がこだわりの特産品や、体験型のツアーなど、アピール度の高い品物やサービスを用意しています。地域の魅力を手軽に味わえる絶好の機会だと言えるでしょう。

そのほかにも、税控除のメリットがあったり、地域間の財政格差を是正する役割を担ったりと、ふるさと納税には様々な長所があります。

記事ではふるさと納税はばかばかしいと思われているワケと、ふるさと納税の良い点を解説させていただきます。

ふるさと納税がばかばかしいと言われているワケ

ふるさと納税がばかばかしいと言われているワケは年収によって寄付限度額に差異がうまれているためです。
ふるさと納税は収入や家族構成によって、寄付できる限度額に差があります。

ふるさと納税は先払いしてるだけなの?

ふるさと納税には、確かに税金の先払い的な側面があります。

寄付した金額の一部が、翌年の住民税から控除されるのでその意味では税金の前払いという見方もできます。。

しかし、単に税金を先払いしているだけではありません。以下のような特徴もあります。

寄付先の自治体を自由に選べることができ、出身地や縁のある自治体に納税ができる。(地元以外の自治体も支援できる。)

寄付先自治体からお礼の返礼品をもらえる。

財政力の弱い自治体に寄付する事で効果がある。

このように、ある程度納税するわたしたちの意思が反映される形で納税が出来る点は良い点といえます。

ふるさと納税をやるべき理由

ふるさと納税は寄付をして返戻品をもらえる制度になります。
自分の故郷や好きな町に寄付することで、その町の発展のためにお金が使われます。

ふるさと納税をするといいことがたくさんあります。

ふるさと納税は自分が思うの大切な町を助けることができます

お金が足りない町に寄付すると、その町はみんなが喜ぶような道路や公園をつくったりといった活用ができます。

ふるさと納税をするとお礼のプレゼントがもらえる。

その自治体の美味しいお菓子やおいしい食べ物、楽しい体験ができるツアーなどがあって、ふるさと納税をした町の良いものを手に入れられます。

ふるさと納税をすると税金が控除されます。

税金は毎年払うものだけど、ふるさと納税をすると払う税金が減るんだ。

ほかにも、お金のない町を助けることができたり、町の産業が盛んになったりするメリットがあります。

ふるさと納税は自分の大好きな町を支援できて、町からもいいものをもらえる、みんなにとってもプラスの制度です。

ふるさと納税を恥ずかしいとおもわないでください

ふるさと納税は会社に迷惑なの?

ふるさと納税をすることで会社に直接的な迷惑をかけることはありません。

ふるさと納税は個人が任意で行う寄付制度です。

ふるさと納税をしたことで住民税が変わり、給与の源泉徴収額が変わる可能性がありますが、それらはワンストップ特例制度や確定申告で申請が必要です。

おわりに

ふるさと納税は、ばかばかしくない、とてもいい制度です。
故郷や好きな町を自分の意思で選んで応援できるのは素晴らしいことだとおもいませんか。

ふるさと納税には確かに制度に課題もあります。

返礼品が高すぎたり、寄付金が本当に自治体に役立っているのか不透明な部分もみえてきました。
平等性に欠けるところもあるかもしれません。

ですが、自分の大切な故郷や好きな町に寄付する事ができます。
ふるさと納税を利用することで、町を助けることにつながり、町の産業が元気になったりします。
ふるさと納税は、みんなにとってもお得な制度です。

あなたが想う大切な町を応援し、すてきなプレゼント(返戻品)がもらえるなんてすばらしい制度だと思いませんか。

LIFE